フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Thursday, May 1, 2008

ちょこっと田舎に行ってきました: Journée à la campagne

今日は5月1日、メーデーです。お店はどこも休み、交通機関も止まっています。
皆仕事も休みだし、田舎でゆっくりしないかと誘われていました。
待ち合わせの友人の家に行こうとしたら、地下鉄が動いていません。最初は私の家の近くの駅だけがそうなのかと思いましたが、どうやら違います。メーデーだから地下鉄も動いていないのです(笑)。地下鉄が動いていないことは誤算でしたが、待ち合わせの友人の家まで行って、コーヒーを飲んでからみんなで車で行きました。

Agrandir le plan


友人のカップルが結婚してリヨンから1時間ほどの田舎に家を買いました。今日はそのカップルがホストです。本当に気持ちがいいところでした。のどかな景色に、緑が青々としていて、こんなところに住んでいると気分が良くなるのは頷けます。大きな家に犬が走り回れる庭があって、隣は小高い丘です。田舎の人は本当に優しいと言いますが、こんなところにいれば心が大きくなるでしょうね。

着いてから男性陣はサッカーをし、女性陣は庭でアペリティフを飲みながらいろいろ話をしています。それからバーベキュー。とてものんびりしています。

落ち着いたところで、ちょっとお散歩です。坂道があって結構いい運動になります。

こういう景色を見ながら散歩をするのは本当に気持ちがいいです。


ホストのカップルが持っている馬を見せてくれました。

リヨンに帰って来ると空気が汚れているなと感じました。
それと今日は交通機関がないので、みんな歩いたり、自転車で移動している人がたくさんいて、微笑ましかったです。
たまに田舎に行くと本当に気持ちが良くて、こんなところに住めたらいいなと思います。でも、田舎暮らしには車が必須です。私が住むのだったらまず免許がないとダメですね。

4 comments:

ぷっちゃぽん said...

やっと見れたよ、木蓮のブログ!

会社じゃシステムに禁止されてて閲覧できない、家では時間がなくて、なかなか見れなかったの。

面白い記事がいっぱい更新されてるね♪


お友達と一緒で、すごく楽しそう!
いーな、フランスの田舎♪

お友達、馬を持ってるって、すごいね!
乗馬とかするの??

一度、リヨンに遊びに行きたいものです♪

ブログネーム: 木蓮 said...

そうか、最近は会社でも厳しくなってるんだね。個人メールとかブログを書く人が多いからなの?

本当にたまに田舎に行くとすごく気持ちがいいよ^^。田舎でちょっと散歩するのがいつも楽しみです。

乗馬してるのかどうかは聞かなかったけど、暖かい時は馬は家の庭にいるらしいよ。冬は近くに預けてるんだって。今回のホストの奥さんはもともと田舎暮らしに慣れている人で、動物も大好きっていう感じの人だからね。リヨンに6年住んでたけど、ついにまた田舎に戻ったんだって。でも、リヨンまで仕事に来てるけどね^^。

lazyMiki said...

楽しくてのんびりした田舎での休日だったんですねー。
私などは、リヨンだって十分美しくてのんびりできそうな町かと思っちゃいますが・・・。

これだけ環境が違えば、人間の雰囲気もそりゃ違うでしょうね。おおらかで・・・長生きしそうですよね、こういうとこに住んでる人の方が。
夜は星がいっぱい見えそう~~。

ブログネーム: 木蓮 said...

lazyMikiさん、こんにちは。

ええ、久し振りで本当に気持ちが良かったです。
いえいえ、リヨンはもう大変ですよ。車も人も多いし、それもいろんな人種が混じり合って大変です^^。それでもパリよりは人ものんびりしていると思いますけどね。田舎に来ると恵まれているなと思います。でも、冬は大変らしいです。

そうですね〜、田舎に星も見に行きたいです!

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.