フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Thursday, May 22, 2008

フランス式、誕生日の祝い方&流行のプレゼント

フランスでは10歳の節目ごとに誕生日を派手に祝う人が多いです。 普通の誕生日は特に何もしないけど、10年ごとの誕生日には人を招くという友人もいます。近所に住んでいる友人のFは30歳の誕生日でレストランを借り切ってパーティーをしました。

前もって彼女の妹さんや何人かの有志、それになによりも彼女自身が中心になっていろいろと準備をしていたようです。 招待された人たちは彼女へのプレゼントのために前もって小切手を彼女の妹さん宛に送りました。 プレゼントにはいろんなものがありましたが、用意されていたプレゼントの目玉、私たちが一番贈りたかったものは「パラシュート体験ジャンプ(un saut en parachute)」です。日付は自由に選べて、三人友達を同伴してもいいというものだったと思います。こういうものです(一例)。

いつかテレビで「最近はやりのプレゼント方法」でやっていたような気がしま
すが、ここ数年でフランスで増えてきたプレゼント形式で「体験型プレゼント」があります。

別の友人Sはメークに興味があると言っているのを私たちが覚えていて
「美容学校でのメークレッスン体験」を彼女へプレゼントの中に加えました。 でもこういうプレゼントは結構高いです。フランスでよくあるのが、皆でいくらかずつだし合ってプレゼントを買うというもの。自分ですでにあげるプレゼントがある場合はちょっと困ってしまいますよね。前に、私は個人的に用意しているものがあった時に、そのことを告げると、じゃあ木蓮はいいよと言ってくれました。

かくいう私もこの手のプレゼントをもらったことがあります
。「エステ体験」です。私はあんまりエステなんていう柄じゃないんですが、 普段行かないだけに良い体験でした。昨日ブログで書いたキネのマッサージを思い出しましたが、このエステマッサージはなかなか良かったです(笑)。

一時間半のコースで、私はまずbain japonais(日本のお風呂体験)に後半はインドのアーユルヴェーダマッサージを選びました。フランスは日本ブームでこういうものもエステのメニューに加えられているようです。
bain japonaisは普段日本で入るようなものではありませんでしたが、湯船にゆったりとつかるということが久し振りだったので嬉しかったです。リラックスする音楽の中で、湯船につかって、色を選ぶように言われ、その色に合わせてアロマオイルをお風呂に混ぜてくれて、なぜか(その色に合わせたイメージで癒しの)詩の朗読までしてくれました(笑)。リラックスを念頭に置いているからなんでしょうが、ちょっと笑ってしまいそうになりました。でも、担当の女性は真剣です。

アーユルヴェーダのマッサージは暖めたアロマオイルでマッサージしてくれて、本当に気持ちが良かったです。こちらの方はまたやってみたいと思います。私の細いとは言えない足を一生懸命マッサージしてくれて、思わず「大変じゃないですか?疲れませんか?」と聞いてみると、「慣れてますから、全然大丈夫ですよ。」とのこと。本当にかなりほぐれるのでこれはお勧め出来ます。でも、値段が高いので自分では行かないと思います(笑)。

ちなみに私が行ったのはCinq mondesです。Les invitations cadeauxをクリックすると、エステ招待券の詳細が見れます。

脱線しましたが、Fの誕生日では人が沢山いるので、まずFが招待された人がFとどういう関係にあるのかを紹介して、みんなで食事を始めます。Fの友人の一人がDJのような役割でパーティーの進行役です。音楽や照明もほとんどその人が担当していてます。

彼の進行で
途中ゲームなどもして、次第にみんな踊りだします。クロード・フランソワ(Claude François)の音楽に合わせてちょっと昔のディスコ状態です。フランス人って本当にダンスが好きですね。私はFに引っ張られてダンスのスペースに連れてこられてしまいました(笑)。もうこれを聞いたらFの誕生日を思い出してしまいます。クロード・フランソワが亡くなってもう長いこと経ちますけど、彼の曲はいまだによく耳にします。

↓Claude François-Alexandrie, Alexandra


そして最後にプレゼントです。そしてFのために特別に編集された歌をみんなで歌いました。フランスでは有名な歌なのだと思いますが、私は知らない歌の方が多かったです。
他のフランス情報はこちら→にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

2 comments:

サラ said...

クロード・フランソワでた!!

フランスの30代後半以上の誕生パーティの必需品ですよね…

みんな踊りながら、バックコーラスにあわせて、「アーッ!」「ハーッ!」と熱いため息をついてませんでしたか(笑)?

M: 木蓮 said...

出ましたよ!(笑)

暑いため息をついてたかどうかは覚えてないですけど、みんなやたらとのっていましたね。私はこの時に無理矢理ダンススペースに連れてこられたんですけど、若い人もお年の人もみんなしてノリノリでしたよ。

私の今の同居人のPちゃんも若者のくせに、この曲流れると一緒に歌ってのってます^。かくいう私も今ではのってしまうんですけど(笑)。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.