フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Saturday, August 16, 2008

夜型生活: Noctambule

↑リバプールの街中になにげなくあったものですが、面白いですね。

7月下旬のイギリスの学会、スコットランド旅行の間はものすごく健康的な生活を送っていました。朝の6時には目覚め、夜の11時頃には眠くて寝てしまうと言うものです。
フランスに帰ってきてもこの規則正しい生活を続けられればと思ったのですが、無理でした。今こちらは夏休み。私の仕事も大学関係なので休みです。

イギリスでいつも6時に目が覚めていたのには一つ大きな理由があります。

リヴァプールでは大学寮に泊まっていたのですが、イギリスには、フランスに普通はある雨戸voletがないのです。ストールのようなものだけなので、朝、明かりで自然に目覚め、目覚ましが鳴る前に起きていました。太陽の光で目が覚めるという健康的な生活(笑)。スコットランドでも同じでした。一般の家庭も雨戸はないのでしょうか?

ここ、フランスには普通は雨戸voletのようなものがあって、明かりが入ってきません。大学寮もいくつか知っていますが、voletは必ずありました。夜voletを閉めて眠ると朝はvoletを開けるまで真っ暗です。

窓の後ろ側のうちのvolet。

というわけで、しっかり光が遮断された私のアパートでは目覚ましがないと私は起きません。夜、インターネットでいろいろ見ているとどんどん時間が過ぎてしまうので、今は完全な夜型生活になってしまいました。


ちなみに、リヴァプールでは朝、海鳥の声まで聞こえてきて、港町なんだなという実感が湧きました。

イギリス旅行の郷愁に浸るついでに、少し写真をupします。

エディンバラの旧市街の南に位置する公園、The Meadows。広々とした公園でここでクリケットをしたりするそうです。公園の中のこの通り(写真下)を通って旧市街に出ます


変わりやすいイギリスの天気。エディンバラは朝に霧が出ることが多いです。霧が出ると、上の通りもこんな風になります。↓

なんだか霧が出ると幻想的になります。奥の方に人が霧に向かって歩いています。エディンバラの人達には日常的な光景なんでしょうね。

ハイランドツアーでネス湖に向かう途中、車中に現れたネッシー。

6 comments:

名言屋フラワー said...

はじめまして、フラワーです。

あし@からやってまいりました。

すごくきれいな写真で
見入ってしまいました。
霧がほんとに幻想的ですね。

またご訪問させてください。
よろしくお願いします。

応援凸

lune said...

木蓮さん、こんにちは。

ブログ訪問&コメント、ありがとうございました。
フランスと言う言葉に反応してしまいました。
(フランス語を勉強していた事があるので)

一度フランスへは大学の卒業旅行で
リヨン、マルセイユ、パリへいきました。
こちらの写真をいろいろ見ていて
行きたくなってきました…!

またブログをゆっくり拝見させていただきますね♪

M: 木蓮 said...

◆名言屋フラワーさん、はじめまして。こんにちは。

コメントありがとうございます。
幻想的な写真はスコットランドのものなんですが、あちらは霧が出やすいようで、頻繁にこういう感じになるようです。

どうぞまた遊びに来てください^^。

M: 木蓮 said...

◆luneさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
リヨンにもいらっしゃったことがあるのですね!リヨンには日本人の留学生も結構いますよ。日本に帰国してからまたリヨンに旅行で来る方もいらっしゃいます。

どうぞまた遊びに来てください^^。

にぽぽ said...

やっぱり太陽の光を浴びると、目が覚めるようにできているんですね、人間は。
にぽぽは職場が遠いので、6時には起きないといけないんですよ~(泣)、カーテン開けて寝ようかなぁ。

この霧のエディンバラは平地ですよね?ちなみに。さすが、すごい霧ですね~!
こんな霧は日本ではものすごい山の上に行かないとお目にかかれませんもん!

(*^-゚)⌒☆ポチっと★

M: 木蓮 said...

◆にぽぽさん、こんにちは!
通勤は大変ですよね。私は昔、神奈川県から東京の職場へ通っていて、電車が事故なんかで止まったりすると電車内に缶詰で、それが嫌でした。ここ、リヨンでは職場まで歩いて行っているので、大違いです^^。

平地です。エディンバラは朝は霧で昼にはすっかり晴れるというパターンが多かったです。すごい霧です。前が見えませんもの。運転なんかしたら危ないんじゃないかと思うぐらいでした。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.