フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Tuesday, September 16, 2008

冬のマレ・ポワトゥヴァン: Le Marais Poitevin en hiver

寒いなと思ったら、リヨンは今朝3度でした!(ちなみに今現在は7度です。)
昨日「秋を感じるね」と同僚が言っていましたが、まだ9月半ばなのにこれじゃあ秋どころか
冬ですね。昨日も寒かったなと思いましたが、今朝はまた一段と寒いです。
↑証拠に、Le monde紙(インターネット版) のmétéo欄をスクリーンショットしてみました。


この寒さで思い出したことがあります。
以前、冬に行ったマレ・ポワトゥヴァン(Le Marais Poitevin)です。

マレ・ポワトゥヴァン(Le Marais Poitevin)というのは日本ではあまり知られていないかも知れませんが、Vendée、 Deux-Sèvres 、 Charente-Maritimeの三つの県にまたがっている約10万ヘクタールもの広大な湿地帯です。

地図はhttp://www.maraispoitevininfo.com/より抜粋。

うっそうと茂った森林に緑の沼地のため、「緑のヴェニス」とも言われています。
写真はwikipediaより抜粋。
英語版フランス語版

私は縁あって、この辺りには何度か来ています。Ile de Ré(イル・ドゥ・レ)やLa Rochelle(ラ・ロッシェル)などが有名ですが、私が一番気に入ったのはLe Marais Poitevinでした。

Le Marais Poitevinは夏には観光客で賑わっていて、沼地をボートで行き交う人や、水遊びをする人がたくさんいるようですが、私は冬に行ったので沼地をボートで行く人もまばらでした。冬でもここの沼地は独特の景観で本当に美しかったです。私の好きなフランスの風景のうちのひとつと行っても良いところです。夏にも来てみたいと思いますが、冬の張りつめた美しさは、夏とはまた別の魅力があります。

出発です。


冬の景観は、凛とした美しさでした。

氷が張っていました。実は、この氷のため、後で大変なことになります。

緑色のものが一面に。

この緑色の正体はlentilles d'eau、アオウキクサです。

鴨が遊んでいます。

こっちをみているニャンコ。寒くないんでしょうか。くれぐれも水には飛び込まないように。

結構白鳥がたくさんいました。

なんだか次第に氷が厚くなってきています。私たちは地図の通りに行っていたと思っていたのですが、水路を一本間違ったようです。

氷でボートが進まないのでガンガン氷を割って進みました。まったく進めなくなる程氷が厚くなってきたので、これ以上は無理だということになり、引き返すことにしました。

実は航路を間違えていたことが後で判明。受付のおじさん達は私たちが帰ってこないので携帯に電話していたようですが、私たちは必死で氷を割って進んでいたので気がつきませんでした。

漕ぐのに必死でこの後の写真はありません^-^。だんだん暗くなってきましたが、もう分厚い氷が張った場所は超えたので大丈夫です。
無事受付に帰った時にはすでに真っ暗でした。

後で聞くと、氷が張っている所はボートの航路から外されていたそうですから、完全に私たちは航路を外れていたのでした。ここの湿地帯は迷路のように入り組んでいます。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
9月だというのに冬のように寒い天候で、氷の張ったマレ・ポワトゥヴァンの出来事を思い出しました。あの時も寒かったです。

14 comments:

あんちゃん said...

木蓮さん こんばんは!

3℃とは!!秋をとおりこして一気に冬ですね。
マレ・ポワトゥヴァン・・・こんないい所があるんですね~行ってみたいです。

M: 木蓮 said...

◆あんちゃんさん、こんばんは!

日中は気温も上がりますが、朝の冷え込み具合はまるで冬のようです。今朝も寒いなと思ったら3度では寒いはずですね〜。

マレ・ポワトゥヴァンはお勧めです^-^。この辺りは牧歌的なフランスが見られますよ。

にぽぽ said...

さっ!3℃!!
寒いーーーー!

マレ・ポワトゥヴァン、緑のヴェニスというのは素敵ですね!
でも、本物のヴェニスより水は綺麗そうですね(^^

川の氷が見えてきたときに、やばーいと思いながら、ちょっとニヤニヤしてしまいました。
ガリンコ船が必要でしたね(笑)

ホボ目の高さに伸びる水の景色、いいですねー。
にぽぽも舟遊びしたくなりました!
冬になる前に!
(o^-')b ★

machan said...

今晩は、木蓮さん!

3℃ですか。寒いですね。秋ではなく冬の気温ですね。ほんとにきれいな処ですね。
樹には葉っぱが無くて冬らしい景色ですが、
夏だとまた雰囲気が違うのでしょうね。
だけど、場所によって、氷の張る場所、張らない場所があるんですね。
すてきな案内ありがとう。

M: 木蓮 said...

◆にぽぽさん、こんにちは!

こちらは朝と日中の気温差が激しいにしても、朝はやたらと寒いです。明日の最低気温と最高気温は 3 °C / 22 °Cだそうです。

進めなくなるまで氷が厚くなっているので、変だなとは思ったんです。進路を外れていたせいでした^.^。

ボートの周りの牧歌的風景と水とが溶け合っていて本当に美しかったです。ここはまた行ってみたいところです^-^。

M: 木蓮 said...

◆machanさん、こんにちは!

そうですね。冬は冬でキリリとしていましたけど、夏は緑が一杯でまた違った雰囲気なのだろうなと思います。夏にも行ってみたいです。

私たちが迷い込んだ所は普段はボートが通らない所だったので、厚く氷が張っていたようです。他の場所はボートの通りになっていて、氷が張ってはいても、薄い氷でボートで進むには支障がない程度でした。

水路が入り組んでいたのと、景色に見とれていたので、曲がらなければいけない所でまっすぐ行ってしまったのがいけませんでした^.^。

parismidori said...

まぁ、3℃ですか、リヨン。こちらはもう少し気温は高いですが、着実に秋、冬の足音が近づいています。緑のヴェニスの冬の写真、寒そうですが、きれいですね。白鳥が、”あのヒトたち、何してるのかしらね、この寒いのに”ってひそひそ話しているようです。

カフェオレ said...

危なかったですね~^^;
一歩間違えたら事故でしょうか・・・
そういうのって、子供の頃は楽しかったのにな~

何事もなく帰れてよかったですね^^
応援ぽち♪

M: 木蓮 said...

◆parismidoriさん、こんばんは!

今週に入ってから朝がとても寒いと感じましたが、また少し温かくなるようですね。

Marais Poitevinは周りの風景も牧歌的で良い所だなと思いました。寒かったから余計きれいだったのかもしれませんね。寒いのにねこちゃんがボートからこちらを見ていたのが気になりました^-^。

M: 木蓮 said...

◆カフェオレさん、こんにちは!

ボートが進まないなと思っていたのですが、一番焦ったのは連れて行ってくれた人だと思います^.^。

でも、今となっては、これもいい土産話ですね^.^。

Otium said...

Marais Poitevinの風景は独特で、本当に美しいですよね。偶然にも、先週、ここに行ったときのことを思い出していました。食いしん坊な私の方は、友人たちと最近行った高級レストランの評価をしていたとき、私はMarais Poitevinで見つけた質素なレストランでは素晴らしく美味しいザリガニとカエルを食べたことを持ち出して、ああいうレストランの方が感激すると話していたのでした。数日の滞在だったので、色々なレストランに行こうとしたのに、最後の頃は、この安くておいしい料理にかなうレストランはないと判断して、ザリガニとカエル料理を交互に食べながらレストランに通いつめてしまったのでした。

私が行ったのは10年くらい前だと思いますが、静かな緑の景色が記憶に焼き付いています。レストランの話しながら、また行きたいなと思っていたので、写真を見せていただいて喜びました。私の旅行では、夏の観光シーズンではないので貸しボートはなかったように記憶していたのですが、あったのに乗らなかったのかも知れませんね。ボートに乗らなかったのが残念な思い出になっています。

航路を間違えてしまわれましたか。あの人里離れた風景の中で道に迷ってしまったら大変ですね。でも、無事に帰れて良かった! 私もシャモニーに行って山に登ったとき、最終電車がなくなってしまったので歩いて山を下ったことがあります。やはり友人の家に着いたのは真っ暗になってから。遭難しないように必死に何時間も線路の上を歩いたので、足はガクガク! 大変な思いをしたのですが、無事に帰れれば、こういうのは楽しい思い出として残りますよね♪

M: 木蓮 said...

◆Otiumさん、こんにちは!

美味しそうなお話をありがとうございます。なんだかザリガニが食べたくて仕方がなくなってきました。

このMarais Poitevinの辺りは落ち着いた牧歌的な風景がとても美しくて、一目で気に入りました。また行きたいと思っています。

夏の間は船頭さんがボートを漕いでくれるコースもあるようなので、船頭さんと一緒なら迷わないでしょうね。でも、夏なら第一氷も張らないし、迷ったとしても大丈夫でしょうけど。

歩いて山を降りたとは大変でしたね!想像しただけで足のガクガクが伝わってきます。本当に終わり良ければ〜でこういうのは、いい思い出になりますね^_^。

アイノワ said...

木蓮さん、お久しぶりのコメントです♪
ステキな景色をボートで鑑賞なんていいですね♪でも迷ったらそれはもう心臓ドキドキしちゃいますよね!無事でよかった!
それにしても3度なんて・・・聞いただけでブルっと寒気が~

M: 木蓮 said...

◆アイノワさん、こんにちは!

ここは本当にお勧めの場所です。夏はボートを船頭さんが漕いでくれるのと自分で漕ぐのと選べると思います。

ヨーロッパって朝と昼間の温度差がすごいですよね。朝ものすごく寒くても、昼間はそうでもない感じで拍子抜けしますよ。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.