フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Wednesday, October 15, 2008

We are the world 〜 Les Guignols de l'info

ひょんなことで、You tube でWe are the worldを見てみたら、懐かしい人が一杯いて、しばし郷愁に浸っていました(笑)。世の中も随分変わりましたね。出てる人たちもみんな若いです。

We are the world


リード・ボーカルの歌唱順(ロング・バージョン)

* 1A:ライオネル・リッチー、スティーヴィー・ワンダー、ポール・サイモン
* 1A':ケニー・ロジャース、ジェームス・イングラム、ティナ・ターナー、ビリー・ジョエル
* 1B:マイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロス
* 2A:ディオンヌ・ワーウィック、ウイリー・ネルソン、アル・ジャロウ
* 2B:ブルース・スプリングスティーン、ケニー・ロギンス、スティーブ・ペリー、ダリル・ホール
* C:マイケル・ジャクソン、ヒューイ・ルイス、シンディ・ローパー、キム・カーンズ
* repeat1:ボブ・ディラン
* repeat2:レイ・チャールズ
* repeat3:スティーヴィー・ワンダー、ブルース・スプリングスティーン
* repeat4:ジェームス・イングラム、レイ・チャールズ
(日本語版wikipediaのWe are the worldより抜粋。)


そうしたら、横でPちゃんが、We are the world ならず We fuck the world があるよ。というので見てみるとフランスの有名な風刺番組Les Guignols de l'info(発音はレ・ギニョール・ドゥ・ランフォ)のものでした。

We fuck the world


歌詞は英語でフランス語の字幕が下に出てますが、映像もあるし大体の意味は分かると思います。ブッシュ大統領以外はシルベスター・スタローンばかりなのはなぜかというと、ここでは彼は軍隊や暴力、権力などの象徴(彼の出演する映画の関連)となっているからです。
そういうわけで、スタローン氏はこの番組にはよく出てきます(笑)。

Les Guignols de l'infoはマリオネットで社会を風刺するフランスの番組で、風刺対象は政治、ニュース、マスコミ、世界の著名人などあらゆるものが風刺の対象です。かなり皮肉がきついものもあって、大統領でも人気スポーツ選手でも誰でも風刺されてしまうので、風刺される方は苦笑いに冷や汗(でもフランス人ならあまり気にしていないと思います)、見てる方はにやりです。日本だったら非難がテレビ局に来そうですが、そこはフランス、皮肉が大好きな国民性なので皆楽しんでいます。
なかなかうまく特徴を捉えているものもあるし、月並みなものもありますが、見てみると結構面白いです。

ちなみに、進行アナウンサー役のマリオネットはフランスの実在のテレビ局TF1の看板アナウンサー。出てくるのはニュースでおなじみの人ばかりで、フランス在住の方は誰が誰だかすぐに分かると思います。

フランスの私営・有料放送局CANAL+ (カナルプリュス)が作っているのですが、1988年からずっと続いています。
CANAL+は有料ですが、Les Guignols de l'infoの時間帯は加入していなくても放送を見ることができます。その後しばらく経つと有料時間帯になります。

Les Guignols de l'infoは月曜から金曜の19時58分からです(夏休みなど長期の休みの時以外)。日曜日は13時45分から1週間分のLes Guignols de l'infoがまとめて見られます。
最近は以前ほど面白くなくなったと思ってあまり見ていませんでしたが、ちょっとインターネットで見てみたら、最近はフランスのCMのパロディーもやりだしていてシラク元大統領夫妻の登場で笑ってしまいました。
DVDも発売されていますが、そこまでして見る人もいるのでしょうか(笑)。当時のフランスのご時勢は分かると思いますけど。

◆インターネットでも毎晩放送分のものがCANAL+のホームページで見れます。
Les Guignols de l'info
http://www.canalplus.fr/index.php?pid=1784


話を戻しますが、We are the worldは世界中でいろんなバージョンが作られていそうですね。ダウンタウンの番組のパロディも載せようかと思いましたが、やめました(笑)。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

8 comments:

アイノワ said...

ギニョール、私も好きでテレビでやってたら絶対見てました~♪
皮肉好きな国民性だからこそずっと番組が続くんでしょうね☆
ダウンタウンのもなんかそそられます~♪

にぽぽ said...

風刺版も、とっても気になりますが(笑)
オリジナルのWe are the world、とーっても懐かしく聴きました!!
今聴いてもいい曲だぁ~!

ほんと、みんな若い~!

(*^-゚)⌒☆ポチっと★★

夜日子 said...

ははは、DVD買って見てます(笑)
毎日のニュースをこの番組だけで補ってます。

カフェオレ said...

こんちー^^
当たり前ですが、若いっすね~♪
特に、
ビリージョエルさんが全然違う(笑)
このPVは、100回は見てると思うのですが、何十年も見てないと忘れちゃってました~^^
(この間、自分も発見したんです)
懐かしいですね♪

ウィー・ファックザ・・・
も拝見させてもらいました~
面白くて強烈ですね(笑)
歌詞の意味なんか・・・^^;
フランスの番組って、皮肉たっぷりな人形劇みたいなのやってませんでしょうか?
たしか、テレビで紹介されてた気がします^^


楽しませて頂きました~♪
それでは^^
pochi!

M: 木蓮 said...

◆こんにちは、アイノワさん!

私も一時期毎日のように見ていることがありましたが、生活スタイルも変わってきてだんだんとあまり見なくなりました。やっぱり面白いですよね^-^。こういう皮肉だと嫌味がないですよね。

ちなみに、ダウンタウンのはyoutubeでWe are the AKITAKAと探すと出てきます。これもなぜかPちゃんが知ってて、ダウンタウンのパロディーもあるよということでした。

M: 木蓮 said...

◆こんにちは、にぽぽさん!

私もたまたま見つけて見てみたらもの凄く懐かしくて、しかも結構一世を風靡した人達が一同お揃いだなと思いました。

風刺版の方も面白いですよ。こちらは世の中の現実をWe are the worldのメロディーでパロディーっていうやつです。

M: 木蓮 said...

◆こんにちは、夜日子さん!

私、このDVDがあるってこと知らなかったんですよ。でもそういえばFNACで見かけたことがある気がしないでもありません。

前はよく見てたんですけど、最近は生活スタイルが変わってしまいました。
ニュースをこの番組だけでってすごいですね^-^。

M: 木蓮 said...

◆こんにちは、カフェオレさん!

そうなんです。当たり前のこと書いちゃいましたが、みんな若いな〜と感心してました(笑)。私もあの頃は若かったです^.^。まあ、それはいいんですけどね。
でも、これ結構すごいですよね。

その「皮肉たっぷりな人形劇」ってこの「Les Guignols de l'info」のことだと思います。
テレビで紹介されてもおかしくない特徴のある番組です。
皮肉は強いですけどさっぱりしてます。

楽しんで頂けたようで嬉しいです♫。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.