フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Saturday, January 17, 2009

アパート全体の電気止まる : Coupure d’éléctricité

今日の昼から3時間ほどうちのアパート全体の電気が止まりました(笑)。笑いごとじゃないんですが、笑ってしまいます。

昼の12時15分頃に急に止まって、うちだけなのか、アパート全体かと思っていたら、他のうちでもごそごそしているのが聞こえて、隣の人に聞きに行くと隣もそうで、他の人達も出て来たりしていてアパート全体の電気が止まっていることは分かったのはいいんです。でも、土曜日で管理会社に連絡がつきません(というのはフランスなら理解できることなんですが^-^)。とはいっても電気がないと困るのでEDF (Électricité de France)(フランスの電気会社、日本語ではフランス電力公社と言うようです)の人に来てもらいました。

フランス在住の方のブログで、数日間ガスが止まって暖房もお湯もなくて冬の時期寒いのにすごく大変だった、と書いている方がいたんですが、本当にこういうのが止まっちゃうと困りますね。

私は昨日から体調を壊していて寒いのでカイロを使って布団にくるまっていて、電気なんかどうでもいいという感じでしたが、モデムの電源も使えないのでインターネットもその間使えません。電気がないと不便なもんですね。今は冬で寒いので冷蔵庫はまあ良くても、冷凍庫なんかも気になります。料理も出来ません。

EDFの人が来るまでにも結構時間がかかって、来てから一度復旧したと思ったら、また止まって、再復旧したと思ったらまたまた止まりました。まったく何してるんでしょう(笑)。同居人のPちゃんはため息三回です。三回目に止まったときはため息連続三回でした(笑)。

電気なのでさすがに夜ないとちょっと困ると思っていたら、午後のうちに復旧してくれて良かったです。こんなに長い時間電気が止まったのは始めてですが、どうせ復旧するだろうと確信していたのであまりパニックにはなりませんでした。ただ、電気がないと困るというのだけはよく分かりました(笑)。

悪いことは重なるもので、 今日はブログ友だちの夜日子さんがリヨンに来られていて、夜に会う予定だったのですが、私は昨日からどうも調子が悪く、今日は良くなるだろうと思っていたのに、まだ本調子ではなくて、結局またの機会にということになりました。
楽しみにしていたので残念です。夜日子さん、ごめんなさい〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

6 comments:

にぽぽ said...

それは大変でした!
復旧したと思って、また!!というのは「なにやってんだよ~っ」と思ってしまうのでPちゃんさんのはため息三回ですの気持ち、よーーくわかりますね(^^;
体調は大丈夫ですか?
風邪かしら??
じっくり体を休めて、早く治して下さいね!
応援( v^-゜)σ★★★

夜日子 said...

電気がないと、ほんとに困りますねぇ。。。
お湯も使えないし。
お風呂に入れなかったら、頭も体もかゆくなるし。
復旧してよかったです♪

また3月の第一土曜日にLyonに行くので、その時に会いましょう♪

M: 木蓮 said...

◆にぽぽさん、

私はちょっと寝込んでいましたし、昼だったのであまり大変だとも思わなかったんですが、Pちゃんの方が早く復旧してくれと歩き回っていて、その歩き回っている音で私までイライラするから、「歩き回るのやめてよ」と言っていました(笑)。

ちょうどPちゃんがインターネットでダウンロードか何かをしている時に切れて、モデムも使えなくなるので早く〜と思っていたらしいです。

M: 木蓮 said...

◆夜日子さん、

この週末はなんだかついていませんでした。電気は止まるし、体調は良くならないし、等々。
電気がないと不便ですね。トイレに行く時もろうそくをつけて行ってましたよ。微妙にロマンチックな雰囲気のトイレでした^-^。

3月7日ですか?とすると私の方がリヨンにいないかもしれません。まだ詳しくは未定なので、またメールしますね〜!

アイノワ said...

木蓮さん、こんばんは♪
記事の中でお湯が止まってひどい目に遭った方のお話が書いてありましたが、私はフランスでまさに同じ目に遭ったことがあります~(苦笑)
ガスはついたのでお湯を沸かしてバケツに汲んで、それで髪と体を洗って(しかも湯船はないタイプでした・・)見事に風邪をひきましたよ~><
電気が止まってもすぐに修理には来ないのがフランスの日常ですよね。。
でも復旧してよかったです!

M: 木蓮 said...

◆アイノワさん、

大変でしたね〜!
実は私、日本で学生時代引っ越したばかりのマンションでお湯が出なくてとても大変だったことがあります^-^。2月ぐらいでものすごく寒い時だったので、お湯が出なくてものすごく寒かったです。まさかお湯が出ないとは思いませんでしたからシャワーを浴びにいっていつまでも水だったのでおかしいと思いました(笑)。

皆フランスは大変って言いますけど、日本も意外にそういうことありますよね(笑)。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.