フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Monday, June 2, 2008

夏の野外映画上映: L'Été en CinémaScope

私のブログが「リュミエール兄弟の街から」と言うタイトルなので、前に「映画科の学生さんですか」と尋ねられたことがあります。
このタイトルは、私がリヨン在住なのでリヨンを思い起こさせるタイトルは何かないかと
考えた時、ふと思いつきました。

というより、私がリュミエール博物館・映画館Institut Lumièreのすぐ近くに住んでいること、それとInstitut Lumièreで夏の間少しボランティアをさせてもらっているので、リュミエール兄弟の映画館のあるこの界隈に親しみの感情が湧いているからです。

リュミエール博物館・映画館では毎年夏に無料で野外映画上映(L'Été en CinémaScope)を開催しています。毎週火曜日の夜です。
先日、今年のL'Été en CinémaScopeの運営のための会
合を知らせる手紙を受け取りました。今年もその時期がやってきました。

↑最寄りの駅のモニュメント。
"Dans ce quartier, les frères Lumière ont inventé le cinématographe."
「この街で、リュミエール兄弟がシネマトグラフを発明した」とあります


私たちボランティアは設営、運営のお手伝いです。始まる1時間30分前に集まって、まずは椅子並べからです。その後、支給される夕食をみんなで食べていると上映が始まるのにちょうどいい時間になります。映画のプログラムやチラシなどを来場する方々に配って、後はお客さんに混じって一緒に映画を見ます。終わるとまた椅子を片付けなければいけませんが、観客の人たちも私たちがボランティアだと知っていて、たくさんの人たちが手伝ってくれるので片付けは準備よりも早く終わります。

↑こちらは去年、2007年の野外上映の様子です。

ボランティアとはいっても大した大仕事ではありませんが、やっぱりちょっと大変です。当日は天気模様が気になります。

ボランティアをしているというと「大変そうだね」と言う人もいますが、全然そんなことはありません。上映毎に来る必要はなくて、自分の都合に合わせて出席・欠席を決めることができます。ですから夏に旅行に行きたい人は自由に行って、時間があるときにボランティアをすればいいんです。私も今年は夏の間リヨンにいない期間があるので、その期間中はボランティアができません。

ボランティアをしている人たちに共通しているのはみんな映画やイベントが好きな人たちだということです。日本映画が好きな方がいて、いつか日本に行きたいというそのマダムからはいつも日本についての質問攻めに合って大変です(笑)。

Institut Lumière主催のものではなくても、リヨンでは夏になるとあちこちで野外上映をやっています。おそらく夏の間はフランス中どこも同じなのではないでしょうか?
やっぱり映画の野外上映は映画館で観るのと違って趣があります。ただ、天候には主催者側も頭を痛めていて、去年も雨がパラパラ降る中で開催したことがあります。雨天の場合は翌日に振り替えなのですが、パラパラで雨が止みそうな場合は開催してしまっています。
雨が降っても集まってくる方々は結構いるので、楽しみにしているか方々がいるんですね。


今年のプログラムは以下ですが、プログラムはInstitut Lumièreのホームページで見れます。こちらには映画のタイトルだけのせます。(邦題も加えました。)


L'ETE EN CINEMASCOPE 2008

Du vendredi 27 juin au mardi 26 août 2008

Rendez-vous estival et festif de l'Institut Lumière, les projections GRATUITES EN PLEIN AIR sont l'occasion de voir du cinéma autrement... sous les étoiles, tous les mardis de l'été dès la nuit tombée, place Ambroise Courtois.

Vendredi 27 juin à 22h : Soirée d'ouverture
Trois enterrements
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

De Tommy Lee Jones avec Tommy Lee Jones, Barry Pepper, Julio Cesar Cedillo, Dwight Yoakam. The Three Burials of Melquiades Estrada > Etats-Unis/France > 2005 > 2h > Couleur

Mardi 1er juillet à 22h
L'Emmerdeur
殺し屋とセールスマン(日本未公開)

De Edouard Molinaro avec Lino Ventura, Jacques Brel, Caroline Cellier, Jean-Pierre Darras. Scénario et dialogues de Francis Veber. France > 1973 > 1h26 > Couleur.


Mardi 8 juillet à 22h
Mars Attacks !
マーズ・アタック
De Tim Burton avec Jack Nicholson, Glenn Close, Annette Benning, Pierce Brosnan, Danny DeVito, Natalie Portman, Michael J. Fox, Pam Grier, Tom Jones, Jack Black. Mars Attacks ! > Etats-Unis > 1996 > 1h46 > Couleur.


Mardi 15 juillet à 22h
Infernal Affairs
インフェナル・アフェア

De Andrew Lau et Alan Mak, avec Tony Leung, Andy Lau, Anthony Wong, Eric Tsang. Wu jian dao > Hong Kong > 2004 > 1h37 > Couleur.


Mardi 22 juillet à 22h
La Règle du jeu
ゲームの規則
De Jean Renoir avec Jean Renoir, Marcel Dalio, Nora Gregor, Mila Parely, Roland Toutain, Odette Talazac. Scénario et dialogues de Jean Renoir. France > 1939 > 1h45 > N&B.


Mardi 29 juillet à 21h30
Le Sorgho rouge
紅いコーリャン
De Zhang Yimou avec Gong Li, Jiang Wen, Ting Rujun, Liu JI, Qian Ming, Ji Chunchua, Qu Chunchua. Hong Goallang > Chine > 1987 > 1h40 > Couleur.


Mardi 5 août à 21h30
The Snapper
スナッパー
De Stephan Frears avec Colm Meaney, Tina Kellegher, Ruth McCabe, Colm O'Byrne, Eanna Macliam. The Snapper > Grande-Bretagne > 1993 > 1h30 > Couleur.


Mardi 12 août à 21h30
10 canoës, 150 lances et 3 épouses
十艘のカヌー
De Rolf de Heer avec la collaboration de Peter Djigirr, avec Crusoe Kurddal, Jamie Gulpilil, Richard Birrinbirrin, Frances Djulibing. Ten Canoes > Australie > 2006 > 1h31 > Couleur.


Mardi 19 août à 21h30
Local Hero

ローカル・ヒーロー/夢に生きた男
De Bill Forsyth avec Burt Lancaster, Peter Riegert, Fulton Mackay, Denis Lawson, Peter Capaldi. Local Hero > Grande-Bretagne > 1983 > 1h50 > Couleur.


Mardi 26 août à 21h : soirée de clôture
Brazil
未来世紀ブラジル
De Terry Gilliam avec Jonathan Pryce, Robert De Niro, Michael Palin, Kim Greist, Katherine Helmond. Brazil > Grande-Bretagne > 1985 > 2h22 > Couleur.

雨天の場合、上映は翌日か翌々日に延期されます。

2 comments:

Youkila said...

こんにちは。パリのYoukilaです。
野外上映いいですね。パリでもどこかでやってるのかしら?聞いたことがないので調べてみます!

M: 木蓮 said...

◆こんにちはYoukilaさん。
リヨンでは夏になると、公園や広い公共空間なんかで野外上映をよくやってます。でも天候に左右されるのがちょっと大変です。去年のInstitu Lumiereの野外上映では7月前半の上映日はいつも天気が良くなくてハラハラしてましたよ。
でも、やっぱり野外上映はいいですね。雰囲気が変わります。椅子持参で来る人や、地べたに寝転がって見てる人もいて微笑ましいです。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.