フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Monday, June 30, 2008

Pちゃんのサブレ

PちゃんがDeux-Sèvreの実家に帰省してしばらくになりますが、実はPちゃん、向こうに着いてすぐに私にこんな写真を送ってくれました。
私が喜ぶと思って送ってくれたと言うのですが、自分で食べるのかと思ったら、これはPちゃんのためではなく私のために買ってくれたそうです。「食べちゃって缶だけ持ってきてもいいよ」と言ったのですが、「いや、これは自分のために買ったんじゃない」と言って聞きません。なんだかやることがかわいくて笑ってしまいました。リヨンに戻ってくるのはまだ先だというのに、すでにおみやげを買ってくれたなんて。さすが私が弟と呼んでいるだけの人です(笑)。

ちなみに最初の写真の缶の写真はポワチエのMarais poitevinという沼で、ご当地では有名なんですが、日本ではあまり知られていないかもしれませんね。私は冬にボートで回ったことがありますが、本当に美しかったです。冬だったので人もあまりいませんでしたが、夏はたくさんの人がボートやカヌーで沼を一回りしているようです。
いくつかサイトを載せておきます。
http://www.parc-marais-poitevin.fr/(フランス語)
http://www.marais-poitevin.fr/(英語、フランス語)

ポワチエやブルターニュの方はバターをたくさん使ったおかしが有名です。私も前あちらの方に行った時にはサブレなどをたくさん買ってしまったのを覚えています(笑)。この写真のサブレを味見するのはまだまだ先ですが、嬉しいです。

2 comments:

サラ said...

これは、おばけデザインのサブレですか?
なんか、形的にも、鳩サブレーみたいですね♪
私も、バターたっぷりのサブレとかガレットブルトンが好きで、よく買ってます。
最近、箱を見て気になってるんですが、原料に保存料が全く書いていない…
「原料:バター、小麦粉、砂糖」、みたいな場合が結構あります。
あれは、保存料なしなのか、それとも規制がゆるくて、書かなくていいのか??
夫も「あれ、不思議だね?でも、賞味期限は1年間だし…」なんて言ってます。
ご存知でしたら、教えてください~!

M: 木蓮 said...

◆はい、おばけのデザインみたいですね(笑)。Pちゃんのことですから、私が年甲斐にもなく子どもだということを知っている(思われている?)と思われます。というか、深い意味はなく、かわいいから選んでくれたのでしょう。こういうのっておみやげにちょうど良くていろいろな形のがありますね。

なぜでしょう。昔、家でお菓子を作る時、バターや砂糖がたっぷり系のものは、保存しておいてかなりたってから食べたりしていました。「これは持つから大丈夫」と母が言っていましたが、確かにかなり時間が経っても味は美味しいかったです。ものによりますが。でも、詳しいことはわかりません。聞いてみます。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.