フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Tuesday, July 15, 2008

アーティチョークでアペロ: artichauts à l'apéro

今日スーパーで欲しくて買ってしまったアーティチョーク(アルティショ)Artichautsのオイル漬け。前から買いたかったのです^.^。美味しそうだったので、ボジョレーで買ったアンジュのワインを開けてアペリティフにして食べることにしました。(その時の話はこちら。)

すぐに食べれるので(当たり前ですが)便利です。美味しいですね〜。なんだか見た目が何かに似ています。
うーん、これは見たところ「竹の子の水煮」みたいですね。味は違いますが。竹の子懐かしいですね〜。懐かしいから竹の子に見えてしまうのでしょうか。竹の子はフランスでは缶詰では売っていますが、竹の子そのままでは売ってません。私の実家ではいつも生の竹の子を茹でて食べていたので、その美味しいことは格別でした。

アーティテョークから竹の子の話に飛びましたが、海外にいるといろんな食べ物が懐かしくなってきます。私は最初の数年はあまり感じなかったのですが、滞在数が長くなるにつれて、懐かしい度が強くなっていきます。

今、もずくが食べたいです(笑)。食べたいと思うものは、こちらでは手に入らないものばかりなので困ります。

4 comments:

Anonymous said...

ああもずく・・・
木蓮さんの記事を読んで無性にもずくが恋しいです~
普段はパン大好きチーズ大好き米いらなーいなあたしですが・・・
酢醤油できゅっといきたいですね~
離れてからわかったことですが、日本の食事って低カロリーなのにおいしいものが多かったなーと思います。
こちらで美味しい!!っていうものって、どうしても高脂肪のものが多い気がします。
イヤ毎日ワインとともにおいしく頂いていますが体重が・・・増える一方です~
木蓮さんは何か対策されてますか?

M: 木蓮 said...

◆こんばんは、Anonymousさん。
そうなんですよね〜。こちらの食事は美味しいんですけど、私の場合は、ふと日本のものが懐かしくなって、考えだすと止まらなくなる時ってあります。

私は自分で意識して対策はしていません^.^。あるがままでです(笑)。それと、フランス人に太ったと言っても、日本人にとっての「太った」はこちらでは「太い」部類に入らないようで、鼻で笑われて、そんなにスリムなのにどこが太っただ?と言われます。
でも、たまにプールに泳ぎに行ったりはしてます。気分転換のためにもっと運動はしたいです^.^。

lazyMiki said...

あら、ホント。
タケノコそっくり~~^^
このアーティチョークって、水煮か何かなんですか?そのまま何も付けずに食べるのかしら。
いかにもワインに合いそう!
(てか、いかにも「酒の肴」!)

そーねー、あとは、枝豆とか、どうです?
ミョウガや大葉の千切りをのっけた冷奴とか?水ナスの漬物とかも、今の季節の美味しいものですよ~~。
(とことんイヂワルな私でごめんなさい。)
どっちかっていうと、ビールのつまみってもんですが・・・。

M: 木蓮 said...

◆おお!冷や奴も良いですね〜。こっちだと美味しいお豆腐というのがネックです。そういえば、なんでこっちで枝豆って見ないんでしょう。ありそうなのに、枝豆って見ないです。

実はこれが買いたくなったのは近くのイタリアスーパーのせいなんです(笑)。このスーパーではイタリアのお惣菜とかpリーブオイル漬けをグラムで買えるんですが、前ここで誰かがアーティチョークのオイル漬けを買っていて、とても美味しそうだったのです^^。昨日スーパーでこれを見かけて、このメーカーは美味しいと分かっていたので買ってしまいました。この瓶詰めは茹でたものをオリーブオイル、パセリやニンニクで味付けしてあります。

アーティチョーク、こっちの人は丸ごと買って茹でて食べてます。前にホストファミリーでお世話になっていた時に、マダムが用意してくれました。レストランだと芯のところしか出てきませんが、家庭で食べる時は花びらのようなところをひとつひとつ食べて、最後に芯の部分を全部食べます。茹でればいいだけなので、結構簡単です。ビネグレットというお酢、マスタード、オイルなどを混ぜたソースにつけて食べるのが定番のようです。なんだか食べたくなってきてしまいました〜。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.