フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Monday, August 11, 2008

でらうま!2

ここのところ、夜になにかほんの少しだけつまみたいという病気にかかっています。

甘いものではなく、塩気のあるものが良いのです。さてさて、今夜は面倒くさくなく、すぐに食べれるようなものは果たしてうちにあるのでしょうか。

残念ながらありました。残念というのは夜に食べると太ると頭で思ってしまうからです。近所のイタリア食材屋さんで買っていつか食べようと思っていたものです。

Le Conserve Toscane Antipasto di Mareとラベルに書いてありますが、つまり魚介類と野菜、ハーブのオイル漬けです。
ずっととっておいてありがたがっていても仕方がありませんし(^_^)、今週は「夜食ウィーク」ということにして、食べることにします。

ワインでも飲みたいところですが、そこは押さえます。でもふすま入りパンをちょっとトーストして一緒に食べました。美味しいですね。さすがイタリアです。昨日に引き続きイカですが、今日はオイル漬けです。これも酒の肴に絶好です。これに醤油をたらしても美味しそうです。

フランスでもこういうものは売ってますが、あまり普段は買いません。そういえば昔イタリアに行った時、スーパーで魚介のオイル漬けを買って友だちと食べてましたっけ。

「これまた買いに行こう」私の真夜中のつぶやきでした。

4 comments:

Anonymous said...

はじめましてこんにちわ^^
カフェオレと申します♪

コメント&ご訪問ありがとうございます!
まさかフランスからアクセス頂けるなんて考えた事もありませんでした^^

北島選手を通じて、こんなめぐり合わせがあるなんて素晴らしいことですね♪
これからも、いい加減なブログで恥ずかしいのですが、ほそぼそとMYブログを続けて行きたいと感じました。

ブログ読もませていただきました!
見たことの無い牛や取れたてブルーベリー、年季の入った”ドラキュラ”さんでも住んでそうなお城と、ブラウン管の中でしか見られないような素敵な所にお住まいなんですね

もしかして、木蓮さんは貴族でらっしゃるのですか?(妄想中)

これ以上書くとボロが出ますのでこのあたりで。
ご訪問&コメントありがとうございました^^

でわまた

M: 木蓮 said...

◆カフェオレさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。北島選手の金嬉しいですね。カフェオレさんが北島選手のことを書いていてくださったので、いち早くメダルのことを知ることができました。フランスで日本と同じように情報をキャッチするのは難しいですから。

今やどこからアクセスがあるか分かりませんよ。海外にも日本人はたくさんいますからね^_^

私はフランスに住んでますが、あの牛やブルーベリーの記事はスコットランド旅行のことだったんです。貴族なんてとんでもありません。貴族じゃありませんが、私はこっちでは日本人なのを良いことに、たまに「侍の子孫だから、私を怒らせたら怖いよ!」みたいなことをフランス人に言って喜んでます。こちらでは、「サムライ」って特別な存在です。

私もまた遊びに行きますね。
ガンバレ日本♪

にぽぽ said...

たまには、欲望のままに夜食を楽しむのもいいですよね♪
なーんて言いながら、木蓮さんの日記を見てにぽぽも“なんか食べるものないかな~”とゴソゴソ探しに行くという事になってます(笑)
このまま秋の食欲増進に走っていくと、ちょっと歯止めがきかなくなりそうですけど。

オイル漬けというのが、あまりにぽぽに馴染みがないので、どんなかな~と想像しながら駄菓子の酢ダコなどをかじってみました(全然違うしっ)

M: 木蓮 said...

◆にぽぽさん、こんばんは!
イメージとしてはイカのマリネをオリーブオイルに漬けてあるという感じです。イタリアの保存食ってオリーブオイルに浸かっているものが多いですけど、オイルで空気に触れるのを避けて、密封効果が得られるという理由もあるみたいです。

私は詳しくないのですが「オリーブオイルで蓋をする」という表現も聞いたことがあります^_^。ですから、酢ダコ、遠からずでした!

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.