フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Friday, September 5, 2008

トマトのマスタード風味タルト: Tarte à la moutarde

フランス人との共同生活をしていると、生活スタイルを直に観察できて面白いです。同居人と気が合わないとストレスが溜まりますが、いい同居人に恵まれれば共同生活もなかなか楽しいものです。

食生活でも、俗に言う「フランス料理」ではなくて、フランスの家庭で普通に食べられている家庭料理を食べることができるのは外国人の私にとっては嬉しいことです。凝ったものより、簡単にできて美味しいものがいいですね。

ある時、Pちゃんが食べたくなったと言って一緒に作ったのが"Tarte à la moutarde"でした。
必ずトマトを使うので「トマトのマスタード風味タルト」としましたが、フランス語の料理名の中にはトマトという単語は入っていません。簡単で美味しいです。

Tarte à la moutarde

一枚のタルト分(26cm)の材料
  • タルトの生地(自分でも簡単に作れますが、手軽なので私は市販のタルト生地を買います。:1 rouleau de pâte brisée
  • トマト4〜6 個:tomates
  • 西洋マスタード、ティースプーンに4杯ぐらい (つぶつぶの入っていないものを使いますが、つぶつぶの入ったマスタードでも美味しいとおもいます):moutarde à l'ancienne
  • ハム適宜(なくてもいいです):jambon blanc
  • 刻んだパセリ:persil haché
  • グリュイエールチーズ(溶けるチーズ等):gruyère râpé
1-タルト生地を型に広げて、フョークなどで穴を開ける。
2-
タルト生地を軽くオーブンで焼いて(7分ぐらい)、オーブンから出して冷ます。
3-タルトの上にマスタードを塗る。

4-薄切りにしたトマトをその上に並べ、お好みで軽く塩胡椒をする。(マスタードとチーズの塩気で十分なので私はしません)
5-ハムを入れる場合は角切りに切ったハムを散らす。パセリをちらし、その上にまたチーズをのせて、210度に温めておいたオーブンで30〜40分焼く。

6-チーズが溶けて、良い焼き色になったら召し上がれ!

チーズは溶けるタイプのチーズならなんでもいいです。今日はグリュイエールと山羊のチーズ(chèvre)を両方使いました。トマトとマスタード、チーズにタルト生地があれば出来ます。ハムはなくてもokです。

マスタードの風味とトマトのハーモニーが何とも言えず美味しいタルトです。チーズの種類を変えてバリエーションも楽しめます。トマトからかなり水分が出るので2のあらかじめタルトを焼く過程はやっておいた方がいいです。

Pちゃんではありませんが、私もたまに食べたくなるタルトです。
Bon appétit !


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
↑フランス生活のブログランキングに参加しています。どうぞよろしくお願いします。

8 comments:

machan said...

お早う、木蓮さん。

最近のブログ、美味しそうな料理ばかり書かれてますね。どれもこれも私の好のむ料理ばかりで、困っちゃいますね。
今も、朝食を食べ終えたばかりなのに、また食欲が・・・・・。
フランス料理といえば、レストランで食べる料理をイメージしますが、仏版家庭料理もいいですね。
くれぐれも身体の線にも気を使いながら、美味しいフランス料理を堪能して下さいよ。

M: 木蓮 said...

◆こんにちは、machanさん!
フランスというと高級な「おフランス」料理というイメージを持っている日本人の方が多いようなので、生のフランスを伝えるためにフランス人が実際食べているものなどを書きたいと思っています。

ブログのために意図的に写真を撮るようになったのも食の話題が多い理由です。ブログを始める前は食べ物の写真を撮るなんてことは考えられませんでした^-^。

カフェオレ said...

美味しそう!
パっと見はピッツァですね^^
ボリュームも凄くて家で作ったら喜ばれそうなお料理ですね~♪

ワインフォンドュ(?)もびっくりしました。ワインで?一瞬すき焼き?な発想をしたのですが、発想が貧困すぎてちょっと凹みかけました。

応援ぽちり♪

M: 木蓮 said...

◆カフェオレさん、こんばんは!
確かに人が来た時に作ったら喜ばれそうですね^-^。フランスではタルトやキッシュは皆よく作るんですけど、簡単なのに見栄えがするのが良いと思います。

ワインフォンデュって結局しゃぶしゃぶ、すき焼き、お鍋のイメージですよ。フォンデュはみんなで一つのお鍋からつつくのですから、カフェオレさんの発想は正しいです^.^。

モンちゃん said...

木蓮さん、こんばんは!
このタルトとってもおいしそうですねえ(^.^)
チーズもトマトも好きなので、写真を見ているだけでヨダレが出そうです(^_^;)

これに、キリッと冷えた辛口の白ワインなんかあったら、もうたまりませんねえ。
フランス家庭料理って、日本にいると、お目にかかれる機会なんて皆無に等しいと思いますので、どんどん紹介してくださいな(^.^)

M: 木蓮 said...

◆モンちゃんさん、おはようございます!
このタルトはマスタードを使う所がミソです。マスタードの風味で普通のタルトとはひと味違いますよ。確かに良く冷えた白ワインは合いそうですね^.^。

フランスの気取らない家庭料理、写真を撮ったらまた紹介しますね^-^。

pucchapon said...

いつも、いろいろと美味しそう♪
そしてこれは、トマト好きの私には特にすごくそそられる!!

レシピをプリントアウトして、今度作ってみたい♪♪♪

M: 木蓮 said...

◆こんばんは、pucchaponさん!
これはとても簡単なのでぜひ作ってみてね。マスタードがかなり効いていて、モンちゃんさんが書かれているように「キリッと冷えた辛口の白ワイン」にとても合いそうだよ。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.