フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Thursday, January 22, 2009

松田聖子主演の「野菊の墓(1981)」をみてきました

リヨン大学で日本映画が上映されるというので、タイトルは何かと見てみると「野菊の墓」ですが、主演が松田聖子。
あの松田聖子さんですか!
なんだかものすごく久し振りにお名前を聞きました。まあ、フランスに居れば聞かないのは当たり前ですけどね。
映画公開の1981年というと私はまだ子どもです。

私は松田聖子さんと誕生日が一緒なんです(笑)。だから、昔、バースデーブックなんてものをもらって、誕生日が一緒の人は〜という所には松田聖子さんの名前がまず挙げられていました。それで松田聖子さんというと、誕生日が同じ芸能人というのが子どもの頃からあります(笑)。でも誕生日が一緒というだけで、特にファンという訳でもなかったのですが(笑)。

行こうかどうしようかと思っていると、当日、映画の説明をすることになっているCが「野菊の墓」の映画について何か知らないかと聞いて来たので、ちょっと探すとYouTubeで野菊の墓の主題歌と予告編がありました。
これがそのYouTubeの動画です。



見てみると、松田聖子さんがとても初々しくて、あまり見ようという気はなかったのに、(笑)なんだかだんだん見たくなってきて、行くことにしました。

「お涙ちょうだいだからハンカチの用意をしてください」と上映前の説明で言っていたんですが、確かにかわいそうなお話です。実らない、成就しない恋。昔は年上の嫁なんか本当に考えられなかったんですね。松田聖子の初の映画だそうで、確かに最初は演技がどうもぎこちない感じがしたんですが、かえってそれが日本の田舎の風景に合っている気がしてくるので不思議です。

丁寧につくられているし、18歳の松田聖子がとってもかわいらしくて役に合っていると思いました。なんだかこの映画では「アイドル松田聖子」ではなくて、本当に田舎のかわいい娘という雰囲気です。松田聖子も昔はこんなに風だったのかとちょっと感心しました。レトロで懐かしい感じの作り方で、伊藤左千夫の原作に忠実に作ったんだろうなという感じで良かったです。懐かしい人たちが出ていました^-^。加藤治子さんはさすがベテランでした!

DVDの画像はamazon.co.jp野菊の墓DVDより抜粋。

6 comments:

サラ said...

予告編だけで、涙が出そうになってしまいました(笑)
聖子ちゃんって、こんなに目が小さかったっけ??
この映画は見ませんでしたが、すぐあとの聖子主演映画は、確か、小学校の友達と一緒に連れ立って、初めて見に行った覚えがあります。

M: 木蓮 said...

◆サラさん、

本編を見るともっと涙が出そうです(笑)。私は泣きませんでしたが、これは泣く人は多いかなという感じでした。
昨日映画をみて、今日また予告編を見てみたら、シーンを思い出して、悲しくなりました。印象的なシーンが多い映画です。

真っすぐな感じで、ひねりもないのですが、そのせいでかえってこういう映画もいいなと思いました。DVDの方の批評ではこの映画が聖子ちゃんの映画で一番いいと書いている人がいましたが、確かに聖子ちゃんの飾らない自然な魅力が出ている感じがします。

にぽぽ said...

これはまた、懐かしい映画ですこと(^^
にぽぽも当時は子供だったので、TVで放送した時に見た覚えがあります。
あの頃の聖子ちゃんは、今と別人ですもんね(笑)

そういえば、当時はアイドルの映画って結構ありましたよねぇ
たのきん映画とか(笑)
娯楽としてはよかたのになぁ~。
応援( v^-゜)σ★★★

M: 木蓮 said...

◆にぽぽさん、

本当に、あの頃のデビューしたばかりの聖子ちゃんはとっても初々しくてかわいいですね^-^。映画のロケ地(信州?)の景色もとても美しかったです。

私は「たのきん」といえば映画はあまり見なかったんですが、トシちゃんの「教師びんびん物語」はいつも見てました(笑)。懐かしいです^-^。

アイノワ said...

この映画は未見ですが、予告編見たら良さそうな映画ですね^^♪
聖子ちゃんがほんとにピュアで田舎のすがすがしい娘~って感じで今とのギャップに驚きました(笑)
↑コメントを読んで・・私も教師びんびん物語見てました~♪トシちゃん消えちゃいましたね^^;

M: 木蓮 said...

◆アイノワさん、

映画のタイトルだけ見た時は、あんまり期待しなかったんですけど、蓋を開けてみると、ひねりが無い分、素朴なやさしさの映画で淡くてはかない恋がかえってひきたったかなと思いました。この映画では聖子ちゃんとても良かったですよ。でも悲しいお話です!

それにしても、日本映画の上映の映画選択って誰が選んでるんだろうといつも思います(笑)。

映画の上映も、昔ながらの小さい映写機で途中でフィルムを替えながら見るんですよ。もの凄くレトロです^-^。

トシちゃん元気なんでしょうかね。教師びんびんはいつも見てました!

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.