フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Tuesday, February 24, 2009

ガレットケバブ・コフテ: Galette kebab Kofte

フランスではケバブKebabは気軽に食べれるアラブ・トルコサンドイッチで、急いでいる時とかお昼には便利です。
ひとつでボリュームもかなりあります。

でも、肉の塩味が濃すぎたり、肉の量が多すぎたりするのが、私にとってはちょっと難点。

大きな肉の固まりがぐるぐる回っているのをそぎ落としてもらうのがオーソドックスなケバブですけど、メニューを見ると他にもいろいろあります。

(ケバブについては、友人Sリヨンへ: S est venu à Lyonでも触れています。
Kebab Assietteを食べた時のことです。)

私がよく頼むのはコフテKofteというスパイス一杯の肉団子のステーキです。
コフテとかコフタとか国によって呼び方が違うようですけど、つまり中東の肉団子。

コフテ・ケバブを頼むと、その場でコフテを焼いて、普通のケバブ肉の代わりにパンに挟んでくれます。ケバブにいれるコフテは丸というよりはさみやすいように小さいハンバーグのような形です。それをケバブに入れる時に切って食べやすくして入れてくれます。

ケバブだと私にとっては塩味が濃すぎる場合が多いので、コフテは私のお気に入りです。

  • ガレットケバブ
そして、大概のケバブ屋さんではケバブのピタパンの他に、ガレットという薄いパンにくるくると巻いたバージョンも作ってくれます。

Pちゃんがケバブを食べたいと言うので、私にも買って来てくれたのが最初の写真のガレットケバブのコフテです。
中にフライドポテトも入っていて、ボリュームたっぷり。
ソースブランシュSauce blancheというヨーグルトと香草のソースをかけてもらいました。
サラダも入って、ちょうどいいバランスです。
美味しくて大満足!


こちらの写真(→)は、コフテではなくて、普通のガレットケバブを買ったときのです。

肉の量がすごいのが分かりますか。
三分の二は肉です(笑)。

美味しいですけど、どうもこれだと、私にはケバブの肉の塩気が強すぎます。
最初は良くても、最後の方は肉が多くてボリュームがすごいこともあって、やっとのことで食べ終わるという感じです。
でもPちゃんはこれで普通だと思うようです(笑)。

たまにしかケバブは食べませんが、食べるなら私は断然コフテが食べたいです(笑)。

8 comments:

サラ said...

おなかのすいた時間に見たせいか、急にケバブが食べたくなりました。
ケバブは、「ギトギトした肉が食べたい!」と思った時(たまーに…)しか食べないので、それ以外のメニュー(コフテも含め…)、一度も食べたことがないんですよ!
同様に、いつも、半分ぐらいまで来たところで、「ガレットのほうが軽そうだったのに…」と後悔しますが、買うときは、おなかが減っていて、つい、普通のパンの方を選んでしまいます。
(目先の誘惑に弱いんです…笑)
どっちも、今度、誘惑に負けないよう頑張って、試してみます。

唐揚げも、とても美味しそうですね!
私も、木蓮さんの影響で、唐揚げやネムを作りたくなりました。

にぽぽ said...

トルコサンド、おいしいですよね。
日本のケバブはどこまで本物を踏襲しているのかは怪しいですけど(笑)
縁日のトルコサンドだって、キャベツの千切りとかはいってますしね。
ソースも、ドレッシングだったりしますしね・・
でも中近東のパンが好きです。
ちょっとお焼きっぽい感じの(^^
応援( v^-゜)σ★★★

アイノワ said...

コフテ美味しいですよね~(^.^)♪
フランスのお家の近所にとってもおいしいリバネ屋さんがあって、そこのサラダとかのサイドメニューもすごく美味しくて料理するのがめんどくさいけどすごくお腹が空いてるときに行ってました^^
あのヨーグルトソース大好きです☆
日本人の友人が来たときにご馳走したら、半分くらいでギブアップしてました~笑

木蓮 said...

◆サラさん、

たま〜にケバブ食べたくなります(笑)。
でも、普通のケバブって途中ぐらいから、う〜ん、どうも肉の主張が強すぎるし、味も濃いと思い始めちゃうんです。
「なんか肉に塩味がつき過ぎてるよね」と言いながら食べているのを自分で分かっているので、この前Pちゃんが買って来てくれると言った時に、コフテのガレットを頼みました。

私は普通のケバブじゃないとしたら、コフテです。
私としては、trop saléじゃないところもポイントです(笑)。

でもサラさんも気持ち分かります!
私も買う直前になって、コフテにしようと思っていたのに、ケバブを頼んでしまったりします。あの肉のかたまりをそぎ落としてるのを目の前で見ると、やっぱりケバブにしようと思ってしまうんです(笑)。

揚げ物って私はなかなかしないんですけど、すると美味しいですよね!

木蓮 said...

◆にぽぽさん、

東京なんかだとケバブもよく見るようになりましたね。
一昔前は珍しかったのに、一時帰国してみたら、ケバブ屋さんもあったりして、さすがだ日本だな〜と思いました。
日本で食べていないのでお味の方はどんなだか分かりませんけど(笑)。

日本風の味付けも日本らしくていいのではないでしょうか^-^。
日本のキャベツだったらケバブにも合いそうです。
こっちのキャベツって生のままだとちょっと固いんです。
だからザワークラウトとかが発達して、日本みたいに生キャベツのサラダとかはないんだと思います。

木蓮 said...

◆アイノワさん、

確かに、ケバブは日本人だと1個は多いっていう人結構いますよね(笑)。
そういえば、日本人とはケバブを食べよう〜っていうことにはあまりなりません。
理由はケバブって1個でもすごい量だからということです。

でも、フランス人、特に若者はケバブ大好きですよね。
気軽に食べれていいですよね。

リバネだとファラフェルとか、いろいろ普通のケバブ屋さんにもないのとかあって面白いですよね!
レバノン料理のあの健康的な感じ、大好きです。

カッパ said...

リヨンのアラブ系サンドイッチはおいしいですよねー!!!
どの街のケバブよりもおいしいと思います。
今度機会があったらコフテを頼んでみます♪

木蓮 said...

◆カッパさん、

リヨンのケバブは他のところより美味しいんですか!
そういえば前トゥールにいたときは、ケバブ屋さん自体があまりなかったような気がします。

リヨンに来てからフランス人の学生でケバブが好きっていう人とか結構いて食べる機会が増えました。

コフテの方が女性向けという気がします(笑)。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.