フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Sunday, April 19, 2009

レモングラス入りのタイのソーセージ Saucisse à la citronelle

久しぶりにアジアスーパーに行っていろいろ買ってきたんですが、日本米の値段が随分上がっていました。
前回日本米を買ったのがいつだったか覚えていないのですが(2008年なのは確かです)、1kgのお米が前回買った時より40サンチームは上がっています。
買わないでおこうかと思ったぐらいです。買いましたけど(笑)。
たまに日本米を食べると嬉しいですからね!
でも昔1ユーロ台だったものが今は2ユーロ台とは、値上がりも辛いものです。


こんなものを買ってみました。
レモングラス入りのタイのソーセージ Saucisse à la citronelle

実はこれ、前にあるフランス人が持ち寄りのパーティーに持ってきていて、美味しかったんです。
奥さん(結婚していないので恋人というべきかもしれませんが、子どもも二人います。フランスではこういう家庭形態も珍しくありません。)がベトナム系フランス人なので、彼はこういうのも食べ慣れているようです。私が知らないと言ったら、逆に「アジア人なのに知らないのか」という驚いた顔をされました。


このレモングラスソーセージ、甘辛いんです。
フランスではこういう形のソーセージ(ソシッスSaucisse)をグリルして食べますが、味は全く違います。
私たちはお腹が空いていたので、二本づつグリルして食べたんですが、そういう食べ方をするものではないと分かりました。
そういう風に食べても美味しいのですが、その場合は一本で十分です。

そういえば、持ち寄りパーティーの時もソーセージを薄く小さく切ってつまめるようにしていました。
かなり味付けがしっかりしているので、アペリティフと一緒につまむように食べるのが丁度いい感じです。

下の写真を追加します。持ち寄りの時に撮っていた写真です。こんな感じにしてつまんでいました。

少しつまむのにはとても美味しいのでお勧めです。
ちなみに、これにはビールが合いそうな感じです(笑)。

ちょっと調べてみたらこれは薄切りにして炒め物したり、チャーハンの具として使ったり、麺の具としてのせたり、そのまま薄切りにしてつまんだり。。。そういう食べ方をするようです。


なんとなくいつもは買わないアジアンなジュースやビールも買ってみました。
ジュースは滅多に飲まないんですが、外から帰ってきて飲むと美味しいですね。

ちなみにビールはラオスビールです。
陽気が音楽が流れるホームページがありました。
Lao Brewery Company Limited
http://www.beer-lao.com/index.php

このタイソーセージ、今度はチャーハンに入れてみようかと思います。

応援クリックお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

12 comments:

machan said...

こんにちは。
このソーセージの中に緑色の辛子みたいなもの入っていませんでしたか?
タイではよく食べましたよ。
このビールは、ラオスのビールのようですね。ビア・ラオと書いてありますね。
フランスでもこういった食品が出てるんですね。日本では殆ど見かけませんが。

木蓮 said...

◆machanさん、こんにちは。

そうですか!やはり現地ではよく食べるのですね。
私が今回買ってみたものには緑色のものは入っていませんでしたが、そういう種類のも売っていると思います。
お酒のつまみにとてもいいという感じのソーセージですね(笑)。

そうです。ビールはラオスのものです。
こちらのアジアスーパーには東南アジアの製品がたくさん置いてあります。ベトナム系やアジア系移民の人がたくさんいますからね。
東南アジアの方のものは日本のものに比べて値段も全然高くありません。
ちなみに日本のアサヒや麒麟なんかも売っていますよ。

lifeonmars said...

毎年秋にアジアマンスという催しで、アジア各国の屋台が出るお祭りが地元であるのですが、ラオスのビールはまだみた事ないです。タイのビールみたいな感じでしょうか?いつか飲んでみたいと思います。

アイノワ said...

レモングラスがどんな味か知らないのですが、甘辛い味はビールが進みそうですね~(^.^)♪
チャーハンに入れたらほんとに美味しそうですね☆
フランスでよく食べてたチョリソーのソーセージとかも結構好きでした♪

カッパ said...

今はちょうどアペリティフを始める時間にちょうどいいので、味を想像してみたら、口の中がヨダレでいっぱいになりました(笑)
食いしん坊バンザイですね♪
生でも食べれますか?

木蓮 said...

◆lifeonmarsさん、

ラオスのビール、たぶんこれから日本でも見るようになるのではないかと思います。とても美味しいのでグルメ国、日本だったら放って置かないでしょう(笑)。
でも同じアジアの国だと近いのでそんなに輸入はしないのでしょうか。国産ビールがたくさんあるのにわざわざ輸入はしなくてもいい気もします(笑)。
旅行でその土地のビールを飲むのも旅情緒があっていいですよね。とても飲みやすくて美味しいビールですよ。

木蓮 said...

◆アイノワさん、

こういうソーセージ系のものはビールとに合いますね。
このソーセージはチャーハンに入れたらあっという間にタイの味に早変わりしそうです。
材料を見たらココナッツやカレーも入っていました。道理で東南アジア一杯の風味だった訳です(笑)。

木蓮 said...

◆カッパさん、

まさにアペロのつまみにちょうどいいという感じです(笑)。

たぶん生ではダメだと思います。
いいかもしれませんが、袋の食べ方には「5分焼いて」と書いてあります。焼いた方がソーセージの旨味も引き出るんじゃないかと思います^-^。
少しつまむのに最高ですよ〜!

にぽぽ said...

レモングラスが入ってるならさっぱりとした味なのかと思ったら、甘いとは!
タイ料理の味って独特なものがありますもんね。
ボイルして食べるには味が濃いのかな?
細かくしてチャーハンに入れてアクセントになるぐらいなんですもんね。
いろんな食材があるものですね!
応援( v^-゜)σ★★★

木蓮 said...

◆にぽぽさん、

そうなんですよ、甘いんです。原材料にもしっかり「砂糖」と書いてあります。東南アジアには他にもこういう感じのソーセージがいろいろあるようです。

アジア系のフランス人のブログでこのレモングラスソーセージを手作りした、ということを書いていた人がいました。偶然見つけたので詳しくは読んでいませんけど、東南アジア出身だとこういうのも手作りしちゃうんですね!

多分日本人がお寿司や餃子を自分でつくるのと同じ感覚なのかな〜と思いました。

本当にいろんな食材がありますよね!

ボイルする食べ方があるのかどうかは分かりませんが、感覚的に「あ〜、これはちょっと焼きたいな」と思います。

サラ said...

台湾に行った時に、甘めのソーセージを食べたことがあります。

レモングラスの匂いが好きなので、今度試してみたいです。

この手のアジアン食材は、知らないと、あまり試すことがないので、紹介して頂けるととても嬉しいです!

木蓮 said...

◆サラさん、

台湾は美味しいものがたくさんありますよね〜!台湾はまだ行ったことがないのですが、いつか必ず行きたいところです(笑)。

確かにこういうものは知らないとあまり買いませんよね。
私は今まではこのタイソーセージの前は素通りしていたと思います(笑)。
少しつまむのには美味しいですし、今度は炒め物やチャーハンに入れてみたいです!

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.