フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Thursday, July 31, 2008

リヴァプールといえば。。。!

やっぱりThe Beatlesでしょう。
私は中学生の頃、ビートルズばかり聴いている時期があって、リヴァプールと言えばビートルズ、ビートルズと言えばリヴァプールと連想して、昔から公式が出来ていました。

Mathew Street
Liverpool Lime Street Stationから遠くないMathew StreetにはあのCavern Clubがあり、The Beatles shopに、通りの片隅にはJohn Lennonもいました。
道にたたずむJohn Lennon

実はリヴァプールに行くということが決まったときから、ビートルズ・ミュージアム(Beatles Story)に行きたいと思っていましたが、結局行きませんでした。学会のスケジュールがかなりつまっていたので、日程的に無理でした。ひとつパネルをさぼったりすれば観光もできたのでしょうが、まじめな私は(嘘ですが^^)そういうことはせず、一応全部のパネルに出席したのでありました。

でも街散策でBeatles Storyの前を通り、Beatlesのバスが通るたびにシャッターチャンスを伺い(これが結構難しいのです)、ジョンレノンと写真を撮り、等々しているうちに私は十分満足していました^^。

街をゆくBeatlesの写真入りのバス

アルバート・ドッグにあるBeatles Story

やっぱり今回のリヴァプールのメインは学会でそれなりに緊張もしていたので、観光は二の次です。でも街の様子を見ているだけで楽しかったです。
リヴァプールは2008年のEuropean Capital of Cultureに選ばれたということで、街のいたるところにEuropean Capital of Culture と掲げられ、そのせいか(?)こんなモニュメントが街中にありました。その一部だけを載せてみます。  

ところで、リヴァプール空港は2002年からJohn Lennon Liverpool Airportという名称で、空港の二階にはジョン・レノンの銅像があります。最初ジョン・レノンの肖像だと思わず(違う人の肖像だと思っていました)銅像の台のところでスーツケースを開けて荷物の整理をしたり、ポテトチップを食べたりしていましたが、私が銅像の横でゴソゴソやっているにも関わらず、やたらとみんな写真を撮っているなと思って見てみるとJohn Lennonでした^^。というわけで私も急いで写真に収めました。

6 comments:

pucchapon said...

リヴァプールといえば、The Beatlesでしょう!!!
そして、中1の時に私にビートルズ好きの影響を大きく与えたのは、間違いなく木蓮さん、アナタです~♪

ジョンの銅像がいっぱいあるんだね!
ポールとジョージとリンゴの銅像はないのかなぁ?

「ストロベリーフィールズ」とか「ペニーレイン」とかに行ってみたい!!!
わたしも行きたいなー、ビートルズのリヴァプール!!

M: 木蓮 said...

◆そうだよね〜、pucchaponさん! 昔よくビートルズの歌を一緒に歌ったよね♪。ビートルズ・シネ・クラブもあったね。懐かしいな。ビートルズゆかりの地をめぐるツアーとかもあるし、Beatles Storyも面白いらしいよ。

リヴァプールはビートルズの他にも観る所があるし、いい美術館もあるからまた行きたいと思ってるよ。今度はゆっくり観光もしたいな。

lazyMiki said...

えーっと、ジョン・レノン・ミュージアム、さいたまにもありますよ。
それなりにモノはあるようで・・・。
ビートルズをほとんどわかってない私では、ありがたみがあまり感じられなかったけれど・・・。

リヴァプール、ずーーーーっと昔に、ほんの2、3時間だけ訪れたことがあります。
その時、スコットランドもほんのちょっとだけ行ったのでした。
ミリタリー・タトゥーとか見ました。
リヴァプールは、やっぱりビートルズをほとんどわかっていない私にはもったいない街でした。海辺の建物とか、大きくて立派だった記憶が。

M: 木蓮 said...

◆lazyMikiさん、
リヴァプールに前に来たことがある人によると、リヴァプールの街並みも随分変わったそうです。新しい建物がものすごく増えたそうで。

私は中学時代にビートルズに親しんでいて、リヴァプール=ビートルズと公式化されていました^^。

ジョン・レノン・ミュージアムでリヴァプールの写真を募集してるんですね。締め切りが7月31日なので間に合いませんが、写真はたくさんあるので、あやうく応募しそうになりました^^。

まだ、スコットランドのことはここには書いてませんが、ぼちぼち書き始めると思います。ああ、ミリタリー・タトゥーですか!羨ましいです!

モンちゃん said...

木蓮さん、こんにちは!

ビートルズ、私も小6の時に友人のお姉さんの持っていた赤盤(ビートルズ初期の2枚組ベスト盤、当時はLPでした)を聞いて衝撃を受けてから、高校くらいまではビートルズ漬けになってました(~_~;)

今でも時々聞いたりしてますよ。あの頃の音楽にはなんと言うか、ホッとするものが宿っているみたいで・・・。

リヴァプールの写真、どれも綺麗に撮れてますねえ。なんだか私までうれしくなってしまいました(^^♪

M: 木蓮 said...

◆こんにちは、モンちゃんさん!

私も、赤盤、青盤、きいてました^^。ビートルズはよく親しんでいたので、好きとかいう以前に私にとってはなんだか身内のように感じられます。ビートルズバスが通るたびに嬉しかったです。リヴァプールに行けただけで満足という感じでしょうか^^。

写真は大量に撮ったので変なものもあるのですが、一応ましなものを選びました^^。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.