フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Sunday, October 26, 2008

サイレント映画をピアノ伴奏で Cine-concert : Muets erotiques

木曜日に、リュミエール兄弟映画館Institut Lumièreにピアノ伴奏付きの無声映画の上映に行ってきました。

Josef von Sternbergジョセフ・フォン・スタンバーグの"Les Damnés de l’Océan (The Docks of New York) (Etats-Unis, 1928)" 邦題は『紐育(ニューヨーク)の波止場』のようです。

アメリカの労働者階級のお話です。貨物船で働くビルが、陸に上がった日、ひょんなことで身を投げようとしていたメイを救います。諭されて元気を取り戻したメイ、ビルは1日限りの陸揚げの日、勢いでメイと結婚します。でも。。。という恋愛ものです。

サイレントながら笑えるシーンもあるし、面白かったです。良かった理由のひとつは映画に合わせてピアノの伴奏を上映中ずっと弾いてくれたこと。ピアニストはFlorian Doidy氏で、Institt Lumièreのサイレント映画のコンサートではいつも彼が弾いています。

映画コンサートなので当たり前と言えば当たり前なのですが、映画の間、ずっと休みなく弾き続けるのは疲れるんじゃないかと余計な心配をしてしまいました。でも、柔らかいピアノの音で映画がとても情緒豊かな感じになっていました。ピアノの伴奏なしだったらこういう感じにはならないんじゃないかと思います。


映画コンサートの前に、シネマテーク・フランセーズ(Cinémathèque français)のディレクターなど、いろいろと努めてきたDominique Païni氏の講演がありました。無声映画の時代、どのように映像と想像力でストーリーを作るか、というお題でしたが、お話が面白い方で、いろんな無声映画の抜粋も見せてくれるんですが、その抜粋の仕方がわざといいところで切っているので、皆苦笑していました(笑)。

ちなみに、チラシにérotiqueとありますが、上映された映画の方にはエロチックな場面はありません(笑)。ちょっと服がはだけているとかその程度です。

講演の方ではその関連も話していましたが、ポルノとかではなくて、心の動きを表すエロチック、というかそういうものでした。現代のエロチックとは違って想像で導くサイレントという感じでした。

でも、本当にサイレント映画って普通の音声映画を観る時よりも、ずっと想像力を膨らませて観ることになりますね。会話や音がない分、画面からのメッセージだけを受け取るわけですから、画面のオブジェなんかが何を表しているのかを見るというところが、普通の映画よりも面白いところなのかもしれません。

いろいろとサイレント映画の抜粋を見せてくれたのですが、この独特の映像の美しさは、好きな人(私も好きです^-^)には、たまりません。でも美しく見せるためのメークはやっぱり特別だったようです。

私はあるきっかけで活動弁士さんの語りつきの溝口健二の無声映画を観てから、サイレント映画ファンになりました。一人で何人もの役の声を担当していて、大変なことだと思いますが、弁士さんの語り口と解説で、無声映画がイキイキしていたのが印象深かったです。これは芸だなと思いました。

ちなみに講演も映画も満席でした。一緒に行ったCが満席で当日券を買うために並んでいる人達を見て驚いていました。満席だった理由はたぶん、講演者のDominique Païni氏のお話を聞きたいという人が多かったからじゃないかと思いました。映画界では有名な方のようですし、しゃべり口の面白い人です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

幸運にも私の周りに一人サイレント映画が好きな人がいます。今度あるサイレント映画を一緒に観に行くことになりました。
楽しみです^.^。行ったらまたメモ代わりにここに書こうかなと思います。

チラシの画像はInstitut Lumièreのニュースレター"Institut Lumiere Infos > Cine-concert : Muets erotiques"より、写真はInstitut Lumièreのサイトより抜粋。

8 comments:

まあ said...

木蓮さん、こんにちは。
とてもすてきなシチュエーションですね。
フランスは雰囲気を作ったり、それを楽しんだりするのがすごく上手な国だと思いました。
そうしたら、もっと心豊かに暮らせそうですね。

M: 木蓮 said...

◆こんにちは、まあさん。

フランスは気軽にコンサートに行ける雰囲気があるし、無料コンサートやなんかもよくあるのでそういうところは良いと思います。
確かにフランス人って生活を大事にするなとはよく感じます^-^。仕事と楽しみをきっかり分けてますしね。

ところで、まあさんのブログでオスピシオ・カバーニャスの壁画のことを書いておられましたよね。独特の色合いが大好きでした。

メキシコには前から興味があるんですけど、フランスからだととても遠いようです。前メキシコ人の子がリヨンにいたんですけど、メキシコの彼女の家に行くには24時間以上かかるそうで、日本に帰る以上に遠いのに驚いたことがあります。

カフェオレ said...

こんにちわ^^
お気遣いありがとうございます~
これからも、
細々と、ブログを続けていこうと思っています♪

pochi!
本場のタルト食べたい・・・(まだ言ってます)

M: 木蓮 said...

◆こんにちは、カフェオレさん。

いえいえ大したことはありませんよ^-^。
たぶん、日本のタルトもフランスのに劣らずとても美味しいと思いますよ!

ちなみに、私はこれからは更新がぱったり止まるかもしれません。
ちょっと前にこのブログで「あまり更新できないかも」と書きましたけど、それでもいろいろ書いてきちゃいました。

でも辞めはしないので、本当にたまには書くと思いますので、その時はよろしくお願いします。

カフェオレ said...

こんばんわ木蓮さん^^
さすがですね~
映画でこんなに文章が書けるなんて♪
自分なら5行が精一杯で・・・^^;

サイレント映画で大好きなのは
チャップリンです♪
あの面白さはハマリました~
感動する作品もありましたね^^
チャップリンって本当意味では悲劇王らしいのですが。
pochi!

M: 木蓮 said...

◆カフェオレさん、こんにちは。

またまたコメントありがとうございます!

思ったことを適当に自分のメモ代わりに書いてるだけなんです^-^。だから、もうほぼ日記のようなブログになっています。

そうですね、チャップリンは喜劇も感動もいろいろありですね。実は今度そのチャップリンの無声映画を見に行きます。今度というか、明日なんですけどね(笑)。明日のチャップリンもまたここに書くと思います。

アイノワ said...

フランス映画の無声映画って昔それこそリュミエール兄弟とかの時代のもののサイレントを観てました♪
というか映像系の学校に行ってたので授業で見るっていう。。
小さい頃観ていた映画はほとんどチャップリンでした笑
っていっても私は70年代生まれですが・・笑

最近は無声映画はとんと観てないです。
今作観てみたいです♪
日本映画の無声映画で「夢見るように眠りたい」って作品があるんですが、それ以来観てないので~^^;

M: 木蓮 said...

◆こんにちは、アイノワさん。

映像系の学校だったんですか!面白そうですね〜。
最近ますます映画大好きで、こんなんだったら映画に関わることを勉強すれば良かったとも思います(笑)。

「夢見るように眠りたい」見てみたいです!実は今日チャップリンの映画を見てきたので、またここに書く予定です。

ちなみに、私も70年代生まれです。(こんなところで言ってもしょうがないんですが^-^)

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.