フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Friday, May 8, 2009

Udine Far East Film Festival(5) 食編 vol.2 生ハムにイタリアンコーヒー

ウディネのあるレストランでパスタを食べた時、パスタの方は普通だったんですが(笑)、
お通し、アンティパストとして出て来たものがこんなもので、気に入りました。

グリッシーニに生ハムが巻いてあります。ワインやビールのおつまみに最適です(笑)!

スーパーで買い物をしてお昼に宿で作って食べたりもしたんですが、その時にもこれと同じものをつくってみました。
ベネチアの宿で知り合った人と一緒に食事をした時もつくって食べました(笑)。どんだけ気に入ってるのかという感じですが(笑)。
美味しいし、趣向が変わって面白かったので。

ウディネのスーパーでは生ハムをとっても薄くスライスしてくれるのでいいんですけど、このグリッシーニに巻く場合は薄〜くスライスしないと生ハムの塩気が強すぎると思います。
日本では分かりませんが、フランスで売っている生ハム(既に切ってあるもの)だとこうやって巻いて食べるには売っている生ハムはちょっと厚すぎです。
フランスではグリッシーニに巻きはしないと思うのでいいんですけど(笑)。
ウディネで買った生ハム。固まりをスライスしてくれます。薄すぎてとるのも大変なぐらいです。でも薄い方がグリッシーニに巻いたり、そのまま食べるには丁度良いです。ウディネのレストランで生ハムだけを注文して美味しそうにパクパク食べている人もいました(笑)。

リヨンにも生ハムを持って帰りましたが、とても持ちがいいのでもっと買えばよかったと思いました(笑)。



イタリアではカフェで飲むカフェ(日本で言うエクスプレッソです)の値段がフランスに比べて随分安いので、フランスよりもっと気軽でした。

フランスで物価が高くなってきてコーヒーの値段も値上がりした時、外国在住のフランス人の友だちがパリではカフェでのコーヒーの値段がものすごく上がったらしいけど、リヨンではどうなのかと聞かれました。
イタリアのカフェの値段は今でも安い〜!昔はもっと安かったんでしょうか。

ところで、イタリア人はフランスのコーヒーはあまり美味しくないと言います(笑)。
イタリア人にとってのカフェとはコーヒーの味がする濃〜いエスプレッソのようです。
「イタリアの直火式コーヒーメーカーでコーヒーを作るときはイタリアのコーヒー豆を使わないといけない。フランスのコーヒーの粉だとコーヒーの味が違う」そうです。

イタリアのコーヒーの粉をいくつか買ってきました。
LAVAZZA(http://www.lavazza.com/)がいいというので、LAVAZZAブランドばかり買おうかと思いましたが、よく見かけるSegafredo(http://www.segafredo.jp/)も。
もっとたくさん買いたかったんですが、諸事情で大量輸入はできませんでした。

袋のパッケージに惹かれて買ったLAVAZZAのcarmencitaはもう飲んでいますが美味しいです。
参考までにイタリアンカフェとエスニック食材屋さんに直火式コーヒーの入れ方をずっと前にアップしています。

確かにイタリアの直火式で入れたエスプレッソはとても美味しいです。でも、普通のコーヒーも好きです。どちらにしてもコーヒーが大好きな私。
カフェの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

ところで、今年初の蚊の攻撃に遭いました。ここのところ暖かいと思ったら、安眠を妨げる蚊の登場!

8 comments:

にぽぽ said...

グリッシーニ大好き~!!
生ハム巻いてなくても食べちゃう(^^
確かに、巻き!の時にはハムがしょっぱいときありますね、グリッシーニ自体も塩気がありますもんね。
珈琲談義もおもしろいですね。
にぽぽも、イタリアに行った時には珈琲が美味しいなーと思いました。
酸味のある珈琲は苦手なので、エスプレッソとかの方が好き(^^
フランスには行ったことがないので、やっぱり言ってみて珈琲の味を比べてみたいです(笑)
応援( v^-゜)σ★★

木蓮 said...

◆にぽぽさん、

グリッシーニ美味しいですよね!
あるお店の番をしていたお姉さんが取引先のお兄さんらしき人達とおしゃべりを始めて、お兄さん達に店先でグリッシーニを振る舞っていました(笑)。

イタリアンカフェは確かに美味しいですね。イタリアから帰ってきてからずっとイタリア式でコーヒを飲んでいたんですけど、ふと普通に入れたコーヒーを飲んでみたらそっちも美味しい。
味は違うんですけどね。そういえばウィーンのカフェも美味しかったです!

lifeonmars said...

うう~っ!美味しそうすぎます。
こちらのblogは夜見ちゃダメですね。何か食べたくなっちゃいます。深夜なのについ冷蔵庫を漁ってしまいました。誘惑に勝つ強い意志を持ちたいものです。

サラ said...

バタバタしていたので、久しぶりにまとめ読みしました。
イタリアは、私も一度しか行ったことがないのですが、なにしろ何を食べても美味しかった!!!
イタリア人も親切で、楽しい旅行でした。
木蓮さんの旅行記を見ていて、また行きたくなりました。

映画の紹介も、見てみたいな・・・と思う映画が多くて、最近映画に行っていない私には、うらやましいです!
(とはいえ近々、「東京ソナタ」を見に行く予定です)

生ハム、こちらの地方では、ビーフの生ハムを作っているので、たまに買いますが、これも、とても美味しいですよ。

うちの夫は、イタリアン・エスプレッソが好きなので、Lavazzaは、普段から愛用しています。あと、Illyというメーカーも時々買っていますが、美味しいですよ。

ディジョンの豚のファルシに似たようなものを、うちの義姉が作ってくれたことがあります。

木蓮 said...

◆lifeonmarsさん、

美味しそうですか?それは失礼しました(笑)。
この生ハムがとても美味しかったです。それにフランスで買うよりも随分買いやすい値段でした。
ブログ本文には書きませんでしたが、固い系のチーズもごろりと固まりで買ってきたので、パスタやサラダ等にとても便利です。

木蓮 said...

◆サラさん、

面白い旅行でしたが、帰ってきてからもいろいろな出来事があって、帰ってきてたった一週間弱しか経っていないのが夢のようです(笑)。

イタリアは前にフランスから学校の団体で行って以来だったんですが、個人旅行だと団体とは違っていてかなり性格の違う旅行でした。

イタリア人の子がコーヒーはLAVAZZA!と指定だったのですが、他にも美味しいコーヒーはあると思います(笑)。

東京ソナタ、見に行きました。良かったんですけど、今の不況で映画のとダブっているところがあって、なんだか映画のワンシーンとしてとらえきれないところがありました。

ビーフの生ハムというのもとても美味しそうですね!

> ディジョンの豚のファルシに似たようなものを、うちの義姉が作ってくれたことがあります。

実はディジョンで食べた豚のファルシの料理、近所のスーパーでcrépinetteというのを売っていて、これかと思いました。内臓を覆っている網脂 crepineで包んで焼いたものをcrépinettteと言うんですね。
自分で買うかどうかは分かりませんが(笑)、作ろうと思えば作れるものなんだなと思いました。

アイノワ said...

たしかに!フランスの生ハムをグリッシーニに巻いたらかなりぶ厚いですよね^^;
うちの彼はイタリアに行ったことがあるので
フランスのコーヒーよりもすごく美味しくて全然違うよってよく言ってます♪
フランスのカフェでは「カプチーノ」を注文すると必ず「ウインナーコーヒー」が出てきますよね?(生クリームをこれでもかという感じでカフェオレに絞ってきます笑)

木蓮 said...

◆アイノワさん、

イタリアのコーヒーは美味しいですよね。エスプレッソ用の粉って普通のコーヒー用の粉とも違いますけど、イタリア人の言うように、イタリアの粉じゃなくてフランスのエスプレッソ用の粉で作ると味が違うのかどうかは不明です(笑)。
そんなのいちいち比べませんもん^o^!

ウインナーコーヒーみたいなのですか!?私は運が良いのか、まだそういうカプチーノはまだ飲んだことがないと思います(笑)。フランスのカフェといってもいろいろですからね。カフェによっても結構出し方が違いますよね。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.