フランスのリヨンの日常生活で感じた事をざっくばらんに書き留めています。フランス、リヨン情報、外国人の友達、出来事、映画、フランス家庭料理、音楽、独り言。
Blog sur ce que je pense en France, ou bien sur le cinéma, la cuisine, les voyages, les informations de Lyon, etc. J'écris sur la vie française sans détour. Mais ce blog n'est écrit qu'en japonais. Désolé mes chers amis francophones !

Friday, May 9, 2008

Flan: フラン

なんだかFlan(フラン)が食べたいです。

こちらのboulangerie(パン屋さん)に行って買う率が高い順に、

一位 baguette(バゲット)/ pain traditionnel(パン・トラディショネル: 昔風のパン、バゲット)

二位 pain au chocolat(パン・オ・ショコラ: クロワッサン生地のパンにチョコレートがはさんであるもの)

同じく二位に croissant aux amandesクロワッサン・オ・ザマンド。クロワッサンの中にアーモンドクリームが挟んであり、表面にはアーモンドと粉砂糖ががまぶしてあります。下の写真がそうです。
そして次に来るのがフラン:flan(写真)だと思います。Flanというのはカスタードを少し固めたような、プリンに小麦粉も入っているものと言えばいいでしょうか。前にこのブログで書いたfar bretonの仲間です。

boulangerieによって、結構、味に差があります。私がflanをよく買うboulangerieが二つあるのですが、今日用事でその二つのうちの一つのboulangerieの近くを通りました。でも、そのboulangerieは5月8日とlundi de pentecôteをはさんで連休にしていたらしく、閉まっていました。残念です!

上の写真は、そのboulangerieで前に買った時に写真に撮っておいたFlan aux framboisesです。フルーツが入っているflanで、これはフランボワーズ入りのもの。他にアプリコットが入ったのをよく見ます。

昔はflanを見ても買おうとは思わなかったのですが、Pちゃんと同居を始めて以来、Pちゃんがパン屋さんに行った時「Flanが食べたい」と言ったり、何かの時に買ったりしていました。そのうちに、私もPちゃんと私の分のflanをよく買うようになってしまいました(笑)。なんだか懐かしくて優しい味で美味しいんです。でも、一個が結構大きいのでボリュームもあります。なんだかこういうことを書いてると本当に食べたくなりますね(笑)。

追記:Pちゃんが洋梨とアプリコットのフランを買ってきてくれたので、写真を載せておきます。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

8 comments:

ぷっちゃぽん said...

うぉぉぉぉーーーーーーっ!
めちゃくちゃ美味しそうだよ(*◎o◎*)//

いーないーな、フランスのパン!

日本のパン屋さんのバゲットって、フランス人はどう思うんだろう?
私はすごく好きなんだけど。

チョコクロワッサン、大大大好き!!!

ブログネーム: 木蓮 said...

うん、美味しいよ^^

フランス人も日本のフランスパンは美味しいって言ってたよ。でも、フランスのバゲットと比べて値段が高いし、日本にいる間に日本食をいろいろ食べてみたいという理由で滅多に買わないらしいけどね。

この、フランは本当にたまに買いたくなるもので、プリンとパンの間の子のようなのがなぜか無性に懐かしいんだよね^^

フ〜ム、今から買いに行こうかな(笑)

lazyMiki said...

フラン・・・flanですか。
そういえば、明治製菓が出していた、ポッキー的形状のお菓子がflanという名前だったけど、まだあるかしら。
全然別ものですけれどね。

美味しそうです!
特にフランボワーズとかアプリコットとか入ってるのに魅かれまする~。

「フランスで食べるパンは美味しい」とは、旅行した人が口を揃えて言うことですし、私もそういう気がしますが、一体何が違うんでしょうねー。粉か?水か?全部か?
ああ、フランス行ってパン食べたい。

M: 木蓮 said...

そういえばありましたね。flanという名前のもの^^。

フランは美味しいですよ^^普通のフランも懐かしい味でいいんですけど、フルーツ入りがあるとついついそっちを買っちゃいます。

日本のパンもすごく美味しいと思います。でも、小麦粉が違うとはよく言いますね。どうなんでしょうか。よく日本のレシピでこちらでお菓子を作ったりすると、同じようにはできないってみんな言います。パティシエさんにでも聞いてみたいです^^。
でもバゲットなんかはこちらで発展してきたものだし、やっぱりこちらの料理に合いますよね。こちらでは日本人にとってのお米がパンみたいなものですから、当たり前かもしれませんね。

lazyMiki said...

先日、私もフランを食べてみました^^
確かに、プリンぽい感じですね。
「懐かしくて優しい味」と木蓮さんが書いておられたのがわかる気がします。

M: 木蓮 said...

まあ、お召し上がりになったんですね!
そうなんです、素朴なんですけど、なんだかたまに食べたくなるんですよね。作り方もすごく簡単ですよ。たぶん、前に書いたブルターニュのお菓子、far bretonの応用だと思います。

花侍 said...

だいたいにしてプリン的なうす甘いものは非常に好きなんですが
フラン、大好きです!!
サワーチェリーとかフランボアーズとかリュバーブとか
酸っぱいものとあわせたのもすごく相性が良いと思うんです

M: 木蓮 said...

そうですよね〜!その手のフルーツとかとは相性がいいと思います。
こっちで売ってるフランって、割と庶民的な雰囲気が強いんですけど、飾らなくて美味しいです。特にフルーツ入りは私も大好きです。

「リュミエール兄弟の街から」の他の記事いろいろ
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター

Popular Posts

リュミエール兄弟の街から-- Du quartier des Frères Lumière --
© 2008-2010 All Rights Reserved.